携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットでタグ「KIZER」が付けられているもの

菅原講師のブログkesotablogでカイザーのフレーム「SLIMLINE」のレビューが公開せれていましたのでご紹介。
とても具体的で面白い内容なので、ぜひご参考にしてください。

以下kesotablogより転載



こんにちわ♪

最近やたら絶好調です!! 調子よくて逆に怖いです。笑

 

それはきっと、コイツのおかげ・・・

 

KIZER 『SLIMLINE』!!!!!!!!

SANY5433.JPGのサムネール画像

早速、マイブーツにセットアップ!!

SANY5436.JPG

約1ヶ月ほど使い込んでみましたが、 

 

スリムなラインにメロメロです!!! 

 

魅力たっぷりな素敵フレームを紹介したいと思います♪

 

 

実はこのスリムラインシリーズ、数年前に日本でも販売していましたが、

スペーサーに亀裂が入り使い物にならない!ということがあり日本の市場からは消えることに。。。

 

しかぁあぁし!!!!!!

 

そのスペーサーの素材から変更して、改良され完全復活をして戻ってきました!!

改善された新スペーサーがしっかりしているので、ウィールの回りも超スムーズです。

ベアリングの性能を引き出してくれると思います。

 SANY5444.JPG

更にスリムライン独自の特徴を見てみましょう。

なんと、ウィールの高さ調整が出来ます!! 

SANY5442.JPG

ウィールが減ってきて小さくなっちゃった!っとなったら

スペーサーを逆に取り付けてウィールを一段下げてしまえばいいんです! 

同様にアンチの出っ張り具合も調節できるので、自分好みにセッティングする楽しみがありますね~♪

SANY5448.JPG

付属の8mmアクセルシャフトは片側が円ではなく楕円設計の為六角レンチ1本でウィールの脱着が出来きるのも魅力ですね。

SANY5445.JPG

実際に滑ってみて感じたことは、

フレームが高めなのでストライド時、遠くまで蹴り出しが出来たのでスケーティングの速度を上げやすかったです。

最近マップスの長いクォーターで遊んでいるんですが、全部グラインドで通そうと思うと、それなりのスピードが必要になってきます。

だからRが始まる寸前までストライドを続けて、瞬時にRへの進入の姿勢になる必要がありました。

しかし、なかなかスピードに負けてしまうことが多くて、姿勢を崩して進入していました。

 

でもこのフレームだと速度を出しやすいので、ストライドMAXのスピードを出してもRの進入に『余裕』が生まれます。

手前から安定した姿勢でRに進入できるようになったので、おのずと技のメイク率がアップしたと思います。

 

 そして最大の特徴であるクビレ大きくえぐれたスポット快適なグラインドをサポートしてくれます。

 

SANY5447.JPG

縦系は下の画像赤の部分位しか接地するところがないので、摩擦が少なくやたら速いです。 

 

setti.JPG

 

横乗りでは主にユニティー系の技が激アツです!!!!!

最近サバンナを練習しているのですが、このフレームのおかげで確実にメイク率がアップしました。

感覚としては、足をクロスした後、進行方向へのねじ込みが無理が利くようになった気がします。

しっかりねじ込めるようになったことで安定するようになったのだと思います。

ユニティー系の技を練習している方には特にオススメです!!!

 

そんなサバンナ練習中の塩浜ローカル某Kさんのブーツをご紹介♪

 

SANY5440.JPG

 

SANY5450.JPG

セットアップの内容を紹介します。

SLIMLINE TEAM 2010 BLUE 

Undercover CJ Wellsmore 2011 Pro Wheel: 59mm 88a

 

カラーコーディネートばっちりですね!!!!!

 

お買い求めは是非、こちらまで!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
xrs-logo_w160.jpg

 

 

 

アグレッシブスケート超専門店「XRS」
URL:http://xrs2002.jp/

TEL:0285-32-7830

topページへ
スクールのご利用方法
セット利用でお得!
リンク集へ
メールマガジン登録
スタッフブログ

kesotablogの最新記事

kojimablogの最新記事

masatoblogの最新記事

前のエントリー3件

次のエントリー3件

GoogleAdsense

BenefitMobile

Benefit画像倉庫

imageshedへ

タグ

RSS

ATOM

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.でライセンスされています。