携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットでタグ「ミニランプ」が付けられているもの

スケートパークを利用する時の基本的な考え方として「利用者同士で尊重し合う事」が大事です。
相手がインラインでもスケボーでもBMXでも尊重しあい互いを理解して楽しさを共有することを大切ににしましょう。
また、スケート施設はそんなに数が豊富なわけではありませんし、維持や運営はひじょうに大変なことです。感謝の気持ちを持って大切にしましょう。
おもいやりの精神や環境の保全など、大体は一般公道のルールや社会のルールと同じと思って大丈夫かと思います。
基本的なルールをいくつか下にあげてみますので例として参考にしてください。

笑顔で挨拶しよう

ゴミを捨てないようにしよう

利用料金が必要な時は必ず払いましょう。受付がある場合はキチンと済ませましょう

利用時間を守りましょう

セクション内(滑走する場所)で飲食、喫煙は禁物です

酔っての利用はやめましょう

喫煙場所が指定されている場合は守りましょう

セクション内(滑走する場所)で水は禁物、濡らさないようにしましょう(スリップします)

セクション内(滑走する場所)で立ち止まったり座り込むのはやめましょう。大抵セクションごとに順番を待つ場所があるものなので、滑走しない場合はそこで止まりましょう。
またスケボーは足から離れているので飛んできます。その飛ぶ軌跡もスケボーのラインです。ハーフパイプの横などスケボーが飛んでくる可能性のある位置で止まったり、座っていてはいけません。そこにいるとスケボーは気になって自分の練習が出来ない事がありますし、なにより危険です。

人が滑走しているセクションには入らないようにしましょう。ハーフパイプならわかりやすいですが、ストリートセクション(ハーフパイプ以外のジャンプ台やレールなど複数のセクションを組合わせた複合セクション)ではある程度一緒に利用している人のライン(その人が滑走する場所)を理解する必要があります。基本的には1セクション(1複合セクション)につき一人の利用が原則です。

セクションに入るときは誰か入ろうとしていないかよく確認し、手をあげるなどして自分が入る事を周りに知らせましょう。

滑走の順番を守りましょう。同じセクションを使っている人同士で順番を守り、譲りあいましょう。

セクションを占有しないようにしましょう。仲間何人かで滑っているとたまにこういう状態になっている場合があります。今自分たち以外にこのセクションをつかっていなくても、他の人が本当は使いたいけど入りにくいので諦めざるを得ない状態になっていませんか?だれでもいつでも利用できるような雰囲気を保ちましょう。

一度の滑走が長くならないようにしましょう。滑走時間は最大でも大体20秒ほどと思ってください。また転倒したり止まったりしたらセクションから出て次の人に順番を譲りましょう。
競技会への参加の為の練習等、特殊な条件で長時間滑走したい場合(50秒から2分くらい?)完全に自分以外に利用者がいない時か、まわりの利用者にあらかじめ了解をとったうえで滑走しましょう。


等。
基本的に皆が気持ちよく利用できるようにこころがけましょう。



参考URL http://ikoinomori.funskates.com/
平面滑走スペースとアグレッシブ用スケートパークどちらもあります。
騒音の問題からスケートボードのご利用はできなくなってしまいましたが、インラインスケートの利用は盛んで、もっとも人気のあるスケートスポットの一つです。
無料の平面初心者講習なども行われているようです。
平面スケーターからアグレッシブライダー、初心者からプロライダー、そして子供連れのファミリー利用者も多いです。
施設使用料金:無料 駐車料金:有料
参考URL http://www.tokyobaypark.net/jonanjima_seaside/skateboad.html
詳しいご利用方法は上のサイトを参考にしてください。
平面スケートはスケートパーク隣の海底トンネル通気口のところに広い舗装スペースがあり、そこだけ滑走可能です。公園内のその他の場所は滑走禁止ですのでご注意ください。
スケート以外にも砂浜あり、バーベキュー施設あり、キャンプ場あり、ドッグランありと一日ファミリーで遊べる良い公園です。
スケートパークご利用の場合は奥の第二駐車場に駐めたほうが近くていいです。
東京湾に隣接しているため冬場は多少風がきついかもしれません。
施設使用料金:無料 駐車料金:有料

ag_ramp_kazuya1.jpg Rampというのはハーフパイプのことです。

スノーボードではオリンピックの正式種目にもなっている、円筒を半分にしたような構造物(セクション)です。

ちなみに非常に大きな土管などのことをフルランプと呼んだりするようです。

通常ハーフパイプというと、VERTといわれる高さ3m~4m以上の大きな物を指します。

VERTとはバーチカルの略で頂上近くの側面が垂直になっている事に由来します。

それ以外の物はミニランプと呼ばれることが多いです。

 


amazing2.jpgamazing1.jpg

※上の画像はキノウチサイクルの頃の物です。現在は運営をムラサキスポーツがおこなっております。

90年代からある、東京を代表するスケートパーク。

このパークで育ったプロライダーも沢山いて(インラインにかぎらず)多くの人の中で特別なパークとして存在しています。

フルサイズのハーフパイプ(Vert)は関東地方でここアメージングスクエアと鵠沼海浜公園スケートパークだけにしかありません。

アメージングのハーフパイプは有志の手で建造され、Rはあのグッドスケートのランプを凌ぐ日本最大の大きさ(2008年現在)で「日本一ゆるく人に優しいランプ」といわれています。

初めての方には少し入りづらい雰囲気かもしれませんが、スタッフもお客さんも皆本当にいい人ばかりです。

※注意、車をご利用の方※
駐車上入り口が一つしかない上に、非常にわかり難いです。下の地図の2番(墨堤通り沿い)に入り口があります。
駐車上ご利用に際して、料金がかかります。
また他施設の利用者も駐車場を利用するため、混雑する場合があります。
できるかぎり電車等、公共交通機関ご利用でのご来場をお勧めします。
 

住所:東京都足立区千住関屋町19-1アメージングスクエア内

電話:03-3882-2423

下の地図:駅からパーク受付までの道のり


powered by 地図Z


topページへ
スクールのご利用方法
セット利用でお得!
リンク集へ
メールマガジン登録
スタッフブログ

kesotablogの最新記事

kojimablogの最新記事

masatoblogの最新記事

次のエントリー3件

GoogleAdsense

BenefitMobile

Benefit画像倉庫

imageshedへ

タグ

RSS

ATOM

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.でライセンスされています。