携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットの画像倉庫でタグ「ハーフパイプ」が付けられているもの

2009年4月26日
ハーフパイプ初級講習
担当講師:小島秀太

初めてハーフパイプに入るのですが、初めてと思えない滑りだと思います。
というのは、ホッケーをしているそうで基礎がしっかりありスケーティングのレベルが高いからでしょう。さすがにうまい!
ハーフパイプは特にアグレッシブの中でも平面の技術を転用しやすいので平面技術がうまければ最初からこのように他のジャンルでも滑走技術をマスターしているとある程度は対応できます。
がしかし、有利になるのはこの最初のこのレベルくらいで、ここから先はやはりどんな人間でも練習しなければなかなかうまくはいきません。
ハーフパイプは単純にハーフパイプをどれだけ滑ったかがそのまま出るので、逆にいえば、どんなに運動オンチであっても経験でセンスを超えられるという事です。
もちろん他ジャンルの技術は上達する上でとても重宝しますが、ハーフパイプをうまくなるにはハーフパイプを滑らなくてはなりません。
もしスケートをしたことがなく今からはじめる場合なら、「平面をじゅうぶんにうまくなってから」ハーフパイプをする必要はありません。「ある程度平面を滑れる」ところまできたらなるべく早くハーフパイプに入って経験を積むほうが良いかもしれません。
もちろん、すでに平面でじゅうぶんな技術を持っている方は前述のように普通の人よりかなり有利にスタートすることができます。




2009年4月26日
ハーフパイプ初級講習
担当講師小島秀太

ハーフパイプのRをこぐ時、タイミングを合わせてやらないと滑走面にうまく力を伝える事が出来ません。
最初のころは大抵タイミングが早く、最後のほうまでこぎきれないといった事になりやすいものです。
なるべく最後までつかってRにタイミングをあわせてこぎきりましょう。




2009年4月12日ハーフパイプ初級講習
ハーフパイプでの基礎の滑走法フェイキーを中心に学ぶ内容です。
初級講習ですが、バーチカル手前まで高さを出していて内容は中級クラスに近いといって良いと思います。


2009年4月12日のハーフパイプ初級講習の一部(子供編)です。
ハーフパイプの基礎的な滑走法であるフェイキーを中心にハーフパイプに慣れる為の内容です。


特別講習090208

|

この動画を携帯でみる

高画質再生:一番左端の再生ボタンをクリックした後で、一番右端にある三角の上にマウスポインタを移動すると上にメニューが開きます。その中の「HQ(watch in high quality)」を選択すると高画質再生されます。PCのスペックに余裕がある方は是非お試しください。






アーカイブ

kojimablogの最新記事

kesotablogの最新記事

前のエントリー3件

次のエントリー3件

GoogleAdsense

ホームページへ

ホームページへ

倉庫携帯版

タグ

RSS

ATOM

タグクラウド