携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットの画像倉庫でタグ「ハーフパイプ初級」が付けられているもの

2009年4月26日
ハープパイプ初級講習
担当講師:小島秀太

ハーフパイプ初級講習の様子をまとめました。

ハーフパイプ初級1


ハーフパイプ初級2

ハーフパイプ初級3

ハーフパイプ初級4

ハーフパイプ初級5

2009年4月26日
ハーフパイプ初級講習
担当講師:小島秀太

フェイキーが安定してきたら、ターンも練習します。
180度のスピンともいえますが、ターンもなかなか最初はうまくいかないものです。
これもやはりタイミングが大切で、フェイキーの振幅のちょうど頂点にあわせてターンを入れるような感じですが、そのためには手前での準備などすべての動作が一つにつながっている必要があります。
繰り返し練習することでしっかりとこぎながらターンをすることができるようになり、ターンをいれても高さをキープすることができるようになります。





2009年4月26日ハーフパイプ初級講習
担当講師小島秀太
フェイキーがある程度安定してきて高さもでてくると、一度はハーフパイプの一番上のところ
「プラットホーム」に誰でも登ってみたくなります。
ただ登るだけといっても最初はなかなかうまくいかないものです。
鉄棒の逆上がりのようなもので、力をうまく利用して登るとうまくいきます。手のつく位置とか視線の位置なんかを気をつけるとだいぶ変わると思います。
もちろん、第一条件としてフェイキーで安定して高さを出せる必要がありますが。

2009年4月26日ハーフパイプ初級講習
担当講師小島秀太
より効率良く踏めるフェイキーについて練習をしています。
まっすぐに力を伝える為に体軸がわかりやすいように、あえて腰のひねりを抑えたりしています。
経験豊富な講師だからこそ、ポイントを絞って効果のある練習法を定石にとらわれず柔軟に発想し提供できます。



2009年4月12日ハーフパイプ初級講習。
担当講師 小島秀太
転び方を練習した後は、まずハーフパイプの滑走面に慣れてもらうようになるべく滑ってみます。
この時、技術指導としては基本となるフェイキーを軸にしますが、まずはR面に軽く慣れてもらう、ハーフパイプの中に立つことに慣れてもらうことが大切。

アーカイブ

kojimablogの最新記事

kesotablogの最新記事

前のエントリー3件

次のエントリー3件

GoogleAdsense

ホームページへ

ホームページへ

倉庫携帯版

タグ

RSS

ATOM

タグクラウド