携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットでタグ「スケートリンク」が付けられているもの

初めての方でもご利用しやすい敷居の低いスケートスポットをご紹介します。
スケートだけでなく、他の楽しみ方もできる複合的な施設となっていますのでファミリーで遊びに行っても色々と楽しめます。
また、それぞれのスポットのローカルライダー(施設の常連利用者)が皆親切で小さいお子様の利用者も多い場所をセレクトしています。
スケートパークご利用の際は基本的なルールを守り、楽しく滑りましょう。


城南島海浜公園


西東京いこいの森公園



県民健康福祉村



荒川河川敷(東京都北区治水資料館周辺)



大蔵公園(世田谷区総合運動場)



海浜幕張公園



追加おまけ情報 
中、上級者向けスケートスポット
スケートパークのご利用に慣れた方におすすめのスケートスポットを紹介します。

アメージングスクエア

X-DOME

吉川アクアパーク

24MIZUHOBASE

スケートパークを利用する時の基本的な考え方として「利用者同士で尊重し合う事」が大事です。
相手がインラインでもスケボーでもBMXでも尊重しあい互いを理解して楽しさを共有することを大切ににしましょう。
また、スケート施設はそんなに数が豊富なわけではありませんし、維持や運営はひじょうに大変なことです。感謝の気持ちを持って大切にしましょう。
おもいやりの精神や環境の保全など、大体は一般公道のルールや社会のルールと同じと思って大丈夫かと思います。
基本的なルールをいくつか下にあげてみますので例として参考にしてください。

笑顔で挨拶しよう

ゴミを捨てないようにしよう

利用料金が必要な時は必ず払いましょう。受付がある場合はキチンと済ませましょう

利用時間を守りましょう

セクション内(滑走する場所)で飲食、喫煙は禁物です

酔っての利用はやめましょう

喫煙場所が指定されている場合は守りましょう

セクション内(滑走する場所)で水は禁物、濡らさないようにしましょう(スリップします)

セクション内(滑走する場所)で立ち止まったり座り込むのはやめましょう。大抵セクションごとに順番を待つ場所があるものなので、滑走しない場合はそこで止まりましょう。
またスケボーは足から離れているので飛んできます。その飛ぶ軌跡もスケボーのラインです。ハーフパイプの横などスケボーが飛んでくる可能性のある位置で止まったり、座っていてはいけません。そこにいるとスケボーは気になって自分の練習が出来ない事がありますし、なにより危険です。

人が滑走しているセクションには入らないようにしましょう。ハーフパイプならわかりやすいですが、ストリートセクション(ハーフパイプ以外のジャンプ台やレールなど複数のセクションを組合わせた複合セクション)ではある程度一緒に利用している人のライン(その人が滑走する場所)を理解する必要があります。基本的には1セクション(1複合セクション)につき一人の利用が原則です。

セクションに入るときは誰か入ろうとしていないかよく確認し、手をあげるなどして自分が入る事を周りに知らせましょう。

滑走の順番を守りましょう。同じセクションを使っている人同士で順番を守り、譲りあいましょう。

セクションを占有しないようにしましょう。仲間何人かで滑っているとたまにこういう状態になっている場合があります。今自分たち以外にこのセクションをつかっていなくても、他の人が本当は使いたいけど入りにくいので諦めざるを得ない状態になっていませんか?だれでもいつでも利用できるような雰囲気を保ちましょう。

一度の滑走が長くならないようにしましょう。滑走時間は最大でも大体20秒ほどと思ってください。また転倒したり止まったりしたらセクションから出て次の人に順番を譲りましょう。
競技会への参加の為の練習等、特殊な条件で長時間滑走したい場合(50秒から2分くらい?)完全に自分以外に利用者がいない時か、まわりの利用者にあらかじめ了解をとったうえで滑走しましょう。


等。
基本的に皆が気持ちよく利用できるようにこころがけましょう。



参考URL http://kinutakko.rakurakuhp.net/
あまり知られてはいませんが、砧公園のとなりの総合運動公園にはスケートリンクがあります。
ス ケートリンクにバスケットゴールも設置していて、スケートボーダーの利用(ちょっとしたセクションがある)もあるのでタイミングによっては初めての方 には使用しにくい場合もあるかもしれませんが、第一日曜日に行われている子供対象の無料スケート教室がひじょうに秀逸です。
参加する子供達も多く、とても雰囲気の良いスクールです。
初心者のお子様には絶対にお勧めなので一度は参加してみると良いでしょう。
(ただしこのスクールに関する情報が少ないので、参加する前に一度リンク先にてお問い合わせして実際の開催を確認するのが確実です)
第三日曜日にはホッケーのスクールも行っているようなので、ホッケーに興味のある方はそちらもお勧めです。
SL機関車アスレチックなどもあり、砧公園には美術館などもあります。
スケートリンク使用料金:無料 駐車料金:有料
参考URL http://www.parks.or.jp/koen_main/kenmin-kenko2.html
上記ホームページでは分かりにくいかもしれませんが、色々なスポーツ施設があるなかで周回できる立派なスケートリンクがあります。
ローカルの方々も良い人ばかりでとても雰囲気の良い環境です。ローカル独自のロングランなどのイベントやオリジナルグッズの作成などとても活発に活動されています。
平面スケーティングが目的の場合、特にお勧めのスポットです。
スケートリンク使用料金:無料 駐車料金:無料?(とても混雑します)
topページへ
スクールのご利用方法
セット利用でお得!
リンク集へ
メールマガジン登録
スタッフブログ

kesotablogの最新記事

kojimablogの最新記事

masatoblogの最新記事

前のエントリー3件

次のエントリー3件

GoogleAdsense

BenefitMobile

Benefit画像倉庫

imageshedへ

タグ

RSS

ATOM

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.でライセンスされています。