携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットでタグ「アメージングスクエア」が付けられているもの

ウォーリー氏が撮影&編集した「アメージングスクエア」の動画が公開されていたので紹介。
いつもながらひじょうに秀逸な作品です。
キノウチサイクルの時の映像とおもわれるので、現在のMAP'S東京とセクションなど違う点があるかもしれませんが、ハーフパイプやローカルの人々のアメージングスクエアの空気を感じていただけると思います。

以下抜粋
スタント系インラインスケートへの誘い。
パークの日常をまとめてみました。

バリバリにアグレッシブインラインをやっている方ではなく、スケート初心者やまだスケート自体やっていない方を対象にした紹介のつもりで製作した動画です。
凄い技は余り登場しません。基本的な技が中心です。
日常シーンばかりです。大会やイベントで撮影した映像は皆無です。



初めての方でもご利用しやすい敷居の低いスケートスポットをご紹介します。
スケートだけでなく、他の楽しみ方もできる複合的な施設となっていますのでファミリーで遊びに行っても色々と楽しめます。
また、それぞれのスポットのローカルライダー(施設の常連利用者)が皆親切で小さいお子様の利用者も多い場所をセレクトしています。
スケートパークご利用の際は基本的なルールを守り、楽しく滑りましょう。


城南島海浜公園


西東京いこいの森公園



県民健康福祉村



荒川河川敷(東京都北区治水資料館周辺)



大蔵公園(世田谷区総合運動場)



海浜幕張公園



追加おまけ情報 
中、上級者向けスケートスポット
スケートパークのご利用に慣れた方におすすめのスケートスポットを紹介します。

アメージングスクエア

X-DOME

吉川アクアパーク

24MIZUHOBASE

amazing2.jpgamazing1.jpg

※上の画像はキノウチサイクルの頃の物です。現在は運営をムラサキスポーツがおこなっております。

90年代からある、東京を代表するスケートパーク。

このパークで育ったプロライダーも沢山いて(インラインにかぎらず)多くの人の中で特別なパークとして存在しています。

フルサイズのハーフパイプ(Vert)は関東地方でここアメージングスクエアと鵠沼海浜公園スケートパークだけにしかありません。

アメージングのハーフパイプは有志の手で建造され、Rはあのグッドスケートのランプを凌ぐ日本最大の大きさ(2008年現在)で「日本一ゆるく人に優しいランプ」といわれています。

初めての方には少し入りづらい雰囲気かもしれませんが、スタッフもお客さんも皆本当にいい人ばかりです。

※注意、車をご利用の方※
駐車上入り口が一つしかない上に、非常にわかり難いです。下の地図の2番(墨堤通り沿い)に入り口があります。
駐車上ご利用に際して、料金がかかります。
また他施設の利用者も駐車場を利用するため、混雑する場合があります。
できるかぎり電車等、公共交通機関ご利用でのご来場をお勧めします。
 

住所:東京都足立区千住関屋町19-1アメージングスクエア内

電話:03-3882-2423

下の地図:駅からパーク受付までの道のり


powered by 地図Z


topページへ
スクールのご利用方法
セット利用でお得!
リンク集へ
メールマガジン登録
スタッフブログ

kesotablogの最新記事

kojimablogの最新記事

masatoblogの最新記事

次のエントリー3件

GoogleAdsense

BenefitMobile

Benefit画像倉庫

imageshedへ

タグ

RSS

ATOM

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.でライセンスされています。