携帯バージョンはコチラ

ローラーブレードスクールベネフィットでタグ「アグレッシブ」が付けられているもの

インラインスケートやプロテクターなどを取り扱っている信頼できる専門店を御紹介します。


DEEPORT http://www.deeport.com/
有名ブランドのディストリビューター(正規輸入代理店、つまりは販売店に卸す業者)のDEEPORT。
個人にはネットのみの販売ですが、ディストリビュータだけあってインラインスケートに関する商品ラインナップは国内トップクラスです。(実店舗無し、ネット販売のみ)

XRS  http://officehoshino.com/xrs-ils/index.htm
アグレッシブインラインの専門店のXRS。
アグレッシブシューズ最初の一足目を購入する時は絶対にお勧めのショップです。
特にアグレッシブシューズはシェルが固く、足に合うか合わないかが実際に履いてみないとわからない事が多いので超専門スタッフのいるXRSで相談するのが一番ベストです。(実店舗有り、ネット販売有り)

S-FOUR http://s-four.jp/sk_00_top.html
神田のスポーツ街にあるので首都圏に住む方にとってはもっとも行きやすいお店の一つではないでしょうか。
S-FOURはインラインスケートなら平面からアグレッシブまで広く扱っています。
特に平面系のスケートを購入するときはここを訪ねるのをお勧めします。(実店舗有り、ネット販売有り)

ショップ A/G http://master2dragon.cart.fc2.com/
ショップA/Gはアグレッシブインラインのレジェンドの一人である渡部憲之氏の東京都立光が丘公園近隣にある実店舗ショップ。
インラインスケート、スケートボード等のストリートスポーツ&カルチャーへの渡部氏の愛情と情熱のあふれたお店です。
アグレッシブインラインスケートのカスタムについては、生涯現役のレジェンドライダー渡部氏だけあってプロも公認、国内最強の技術を誇ります。
販売だけでなく、その経験と人脈を活かした近隣のパークにてスケーティングやトリックなどのレクチャーなども行っていて、商品の的確な説明や技術向上のためのアドバイスなど購入後のご相談にも完璧に対応!(実店舗有り、ネット販売有り)

handrail_hisashi1.jpg ag_ramp_kazuya1.jpg

ag_box_grind1.jpg

アグレッシブインラインとは、主にジャンプ系の「エアー」と「グラインド」というウイール(車輪)以外のシューズの部分を使って手すり(ハンドレール)や構造物の角(カーブ等)を削るように滑るトリックを中心にアクションをするジャンルです。

 

写真左:ハンドレールでのグラインド(イナガキヒサシ)photo by sugar

写真中:ハーフパイプでのエアー  (イトウカズヤ) photo by mikihiko higasino

写真右:カーブボックスでのグラインド(ニシダミサキ) photo by mikihiko higasino

 
http://www.deeport.com/
スピードレース、トリックスラローム、フィットネスなどの平面スケートからアグレッシブスケートまで。
プロテクターからパーツまで必要なものはなんでも揃うインラインのデパート的ショップ。
アグレッシブスケートではレイザースのディストリビューターとして有名で、各方面からの信頼も厚い。
長く滑っている人なら誰でも一度は世話になっているのでは?といえるほど、この業界をささえてきてくれた。
ネットショップだけでなく、全国津々浦々イベントに出店したり積極的に活動を行っている。

ホームページへは左の画像をクリック

画像動画提供元のウォーリーさんことmikihiko higasinoさんのページ
今もなお更新されつづけるスケート日記。
かなり昔からのイベントやライダーの記録がウォーリーさんの目線から記録されている。その量は国内屈指と呼べる膨大な物。
画像だけでなく、動画も保存してあるので、探せば何かしら出てくる。
小島秀太のcoreX2000の動画もウォーリーさんの記録による物。
写真のクオリティも高く、アグレッシブインラインとしての目線以外でも秀逸な写真が多い。

ホームページへは左の画像をクリック

アグレッシブインラインの最新情報ならココ!
国内だけでなく海外からの最新NEWSも飛び込んでくる。
コアなライダーはもちろん、ミーハーな方もみんな参加しないと損!そんな人気ポータルサイト。
おしゃれな服飾雑貨を扱うネットショップ「rollnet showcase」も大人気。

以下抜粋
rollnet.jpは国内スケート代理店/メーカー、そしてomocomoとDBJを始め各クリエイターの協力/情報提供のもと最新のニュース、告知を発信するオフィシャルな「場」を実現するのが目的です。
一般ユーザーの情報提供も可能にし、メーカーとクリエイター、ライダーそしてユーザーみんなで作り上げ、情報交換できる日本インラインスケートの情報ポータルサイトを目指します。
amazing2.jpgamazing1.jpg

※上の画像はキノウチサイクルの頃の物です。現在は運営をムラサキスポーツがおこなっております。

90年代からある、東京を代表するスケートパーク。

このパークで育ったプロライダーも沢山いて(インラインにかぎらず)多くの人の中で特別なパークとして存在しています。

フルサイズのハーフパイプ(Vert)は関東地方でここアメージングスクエアと鵠沼海浜公園スケートパークだけにしかありません。

アメージングのハーフパイプは有志の手で建造され、Rはあのグッドスケートのランプを凌ぐ日本最大の大きさ(2008年現在)で「日本一ゆるく人に優しいランプ」といわれています。

初めての方には少し入りづらい雰囲気かもしれませんが、スタッフもお客さんも皆本当にいい人ばかりです。

※注意、車をご利用の方※
駐車上入り口が一つしかない上に、非常にわかり難いです。下の地図の2番(墨堤通り沿い)に入り口があります。
駐車上ご利用に際して、料金がかかります。
また他施設の利用者も駐車場を利用するため、混雑する場合があります。
できるかぎり電車等、公共交通機関ご利用でのご来場をお勧めします。
 

住所:東京都足立区千住関屋町19-1アメージングスクエア内

電話:03-3882-2423

下の地図:駅からパーク受付までの道のり


powered by 地図Z


topページへ
スクールのご利用方法
セット利用でお得!
リンク集へ
メールマガジン登録
スタッフブログ

kesotablogの最新記事

kojimablogの最新記事

masatoblogの最新記事

次のエントリー3件

GoogleAdsense

BenefitMobile

Benefit画像倉庫

imageshedへ

タグ

RSS

ATOM

Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.でライセンスされています。